文鳥の鳴き声

スポンサーリンク

■今回のテーマ

こんにちは

よもクローバーです。

前回はコザクラインコの鳴き声について書きました。

私は他に文鳥も飼っています。

今回はその「文鳥の鳴き声」について、私が飼っている文鳥がどんな時にどんな鳴き声を出すのか、まとめてみようと思います。

■鳴き声の種類

いざまとめよう!

と考えてみたものの、実は全然バリエーションが無いんですよね。

私が飼っている文鳥は、明確には分かっていませんが、恐らくメスです。

文鳥のメスはさえずりが得意ではないようで、私の文鳥はずっと同じ鳴き方で鳴きます。

なので、非常に少ないのですが、種類をまとめると以下のようになります。

○「キャン! キャン!」

メインの鳴き声です。

ほぼこれです。

というか、これしかない(笑)

コザクラインコはバリエーション豊富なのですが、文鳥は本当に少ないです。

フィンチ類とオウム類の違いなんでしょうかね。

私の文鳥がそういう個体なのかもしれませんが……。

呼ぶ声も、驚いた声も、思い出す限りこれですね(^ ^;)

解説書を読むと「チッ チッ」と紹介されていたりするのですが、私の文鳥は「キャン キャン」です。

ネットで調べたときに「子犬の鳴き声」という表現を見たのですが、まさにそれですね。

○「クルルルル!」

怒ったとき、威嚇するときの声です。

表現しがたいのですが、文字で書くとこんな感じです。

大きく口を開けて、相手をにらみ、早口で「クルルルルーッ!」と鳴きます。

普段は可愛い文鳥が、怒るとかなり豹変します。

ただ、恐いより、むしろ可愛いです(笑)

■まとめ

挙げてみると二種類しかなかった……。

オスはさえずりを覚えるので、もっと種類が豊富なんですかね。

SNSで投稿されている動画を見ますと、楽しそうに音楽を聴きながらさえずる姿をよく見ます。

サカナクションの「夜の踊り子」のリズムに合わせて、ぴょんぴょん跳ねながらさえずる動画が話題になりましたよね。

鳴き声の種類は少ないですが、感情の表現はちゃんとしますよ!

構ってほしいときは「キャン! キャン! キャン!」と大きい声で連続的に鳴いて、私を呼びます。

放鳥中に一緒にいるときは「キャン キャン」と安心している感じに小さく鳴きます。

驚いたときは「キャ、キャン!」と、短く甲高い声を発して逃げます。

……やっぱり全部「キャン」(笑)

でも、良いんです。

これが文鳥なんです!

一緒に居るだけで癒されるのが文鳥なんです!

なんだか開き直りみたいになってしまいましたが(^ ^;)

以上「文鳥の鳴き声」でした。

微妙ですが、皆さんのご参考になれば幸いです。

ここまでご覧頂きありがとうございます。
もし気に入って頂けましたら、下のボタンをクリック頂けると日々の励みになります。

にほんブログ村 鳥ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

フォローする

スポンサーリンク