夫婦共働き小鳥飼いの一日

スポンサーリンク

■今回のテーマ

こんにちは

よもクローバーです。

私は妻と二人暮らしをしております。

子供はコザクラインコ、文鳥、オカメインコの三羽です(笑)

私も妻も日中は働いています。

前回は、そんな共働き夫婦が小鳥を飼うことについて、雛や幼鳥、成鳥という段階別に飼育の難易度をまとめました。

今回は、実際の飼育に焦点を当て、一日のスケジュールをご紹介したいと思います。

■平日

私たちは仕事で、日中は家を空けるため、出勤の支度をしている合間に、ご飯とお水の取り替え、そして放鳥を行っています。

主なスケジュールは以下です。

○AM6:00~7:00

起床。

文鳥はすでに起きていて、「お腹すいた!」と鳴いている。

小鳥たちの部屋のカーテンを開けて、ご飯とお水を取り替える。

ご飯を取り替えたあとは、みんなご飯タイム。

なので、その間に身支度を整えます。

○AM7:00~7:40

放鳥タイム。放鳥時間は20分です。

もう少し長く出してあげたいのですが、出勤の時間が遅れてしまうので、泣く泣く20分にしています。

コザクラインコと文鳥は同じ部屋に居るので、二羽同時に放鳥しています。

天気が良い日は窓を開けて日光浴させます。

窓から逃げてしまわないよう細心の注意を払い、網戸もします。

冬は寒いので、大体5分ぐらい日光浴させたあと、窓を閉めます。

コザクラインコと文鳥は、あいにく仲が悪いので、お互いケガしないように注意を払います。

二羽の放鳥を終えると、次はオカメインコの放鳥です。

オカメインコは臆病なので、大きな音を立てて驚かせないように注意して放鳥します。

私のオカメインコはヘキサミタという寄生虫に掛かりまして、この時間にお薬も与えています。

一人では難しいので妻にも手伝ってもらい、投薬しています。

○AM:800~PM6:00

仕事です。

日中は小鳥たちだけになります。

どんな一日を送ってるのか気になりますね。

○PM6:00~

春から夏の間はまだ日が出ているので、二回目の放鳥をします。

秋から冬の間はもう仕事から帰ってくると日が暮れているので、小鳥たちも寝ています。

カーテンを閉めてお休みなさいです。

オカメインコの治療中は、可哀そうですが寝ているのを起こして、お薬を与えます。

■休日

大体のスケジュールは平日と同じです。

起床したら小鳥たちのご飯とお水を取り替え、放鳥を行います。

平日で短い時間しか出せていない分、思いっきり放鳥してあげます。

放鳥時間は大体45分~1時間ぐらいですかね。

午後に時間があればもう1回放鳥します。

■まとめ

共働きですので、朝がとても大忙しです。

ちょっとでも寝坊してしまうと、時間が押して、放鳥時間がもっと短くなってしまうので、根性で起きなければなりません(笑)

と言いましても、5分から15分は大体寝坊するのですが(^ ^;)

ご参考になれば幸いです。

ここまでご覧頂きありがとうございます。
もし気に入って頂けましたら、下のボタンをクリック頂けると日々の励みになります。

にほんブログ村 鳥ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

フォローする

スポンサーリンク