オカメインコを飼って驚いたこと

スポンサーリンク

■今回のテーマ

こんにちは

よもクローバーです。

私はコザクラインコ、文鳥、オカメインコの三羽を飼っています。

その中で、オカメインコは最近飼い始めたのですが、コザクラインコや文鳥とは全然性格や特徴が違い、驚かされたことが色々あります。

今回のテーマは「オカメインコを飼って驚いたこと」について、私の実体験をもとにご紹介したいと思います。

■オカメインコを飼って驚いたこと

○ものすごく臆病

一番はこれですね。

本当に臆病です。

コザクラインコや文鳥が鳴き叫んだり、ちょっぴりビクっとするようなことでも、オカメインコはものすごく驚きます。

例えば、物を取りに行こうと立ち上がるだけで、ビックリして飛び回ります。

物を落としたり、ぶつけてしまったりして大きな音を出すと、もうパニックです。

部屋中を飛び回り、壁に激突したり、かなり危ないです。

そのため、オカメインコの放鳥は気を使いながら行っています。

○フケが多い

これも驚きましたね。

ネット上の情報で知ってはいたのですが、実際に見るとかなり出ます。

文鳥は全く出ないし、コザクラインコも出たとしても、小さいのが少し舞うぐらいです。

オカメインコは大きなフケがいっぱい出ます(笑)

特に羽の下をかいたときに出ますね。

部位によって大きさ、量が異なるようです。

あと、毛づくろいが多いです。

放鳥中、頻繁に毛づくろいします。

それでフケがぽろぽろ部屋中に……。

なので、オカメインコを飼う際は掃除が少し大変になります。

○寄生虫を持っていることが多い

私のオカメインコはペットショップに居た頃から、「ヘキサミタ」という寄生虫を持っていたようで、投薬生活を送りました。

ヘキサミタについてはコチラでまとめています。

オカメインコは生まれつき原虫を持っていることが多いそうです。

お迎えしてからは、ご飯はしっかり食べているし、元気無いようには見えなかったので、健康だなと思ってましたが、分からないものです。

鳥は体調悪いのを隠すと言われており、意外と病気を患っていたり、寄生虫が居たりするので、新しくお迎えした際は早めに健康診断を受けた方が良いです。

■まとめ

同じ鳥類、そして同じ種類だとしても、本当に性格や特徴が異なるんだなと、飼ってみて実感しました。

オカメインコはとにかく臆病なので、驚かせないように注意して接することが大切です。

掃除機の音や窓を開ける音などの生活音は、一緒に生活していれば徐々に慣れてきます。

突発的な音はどうしようもならないので、注意を心掛けるしかないですね。

もし放鳥中にパニックになってしまったら、慌てて追いかけ回さず、どこかに止まるのを待ちましょう。

止まったら、声を掛けたり、撫でたりして落ち着かせるのが良いと思います。

また、フケが多く出るので掃除は少し大変です。

これが結構重要ですが、生まれつき寄生虫を持っていることが多いらしいので、早めに病院へ行き、健康診断を受けられるのをおすすめします。

ここまでご覧頂きありがとうございます。
もし気に入って頂けましたら、下のボタンをクリック頂けると日々の励みになります。

にほんブログ村 鳥ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

フォローする

スポンサーリンク