鳥の寄生虫「ヘキサミタ」について調べてみました

スポンサーリンク

■今回の調査内容

こんにちは

よもクローバーです。

先月の始めにオカメインコを飼い始めて、一週間して健康診断に行きました。

お迎えしてからは、ご飯は食べてるし、元気そうなので特に病気も無いだろうと思っていたところ、糞便検査の結果、「ヘキサミタ」という寄生虫が検出されました。

ヘキサミタ?

そのとき初めて聞いた名前でした。

これまで、お家で飼っているコザクラインコと文鳥は病気になったことはなかったので、大丈夫なのか心配です。

病院の先生からはどんな寄生虫なのかを聞きましたが、自分でもネットで調べました。

ヘキサミタはしつこく、一ヶ月、もっと長く一年もの間、駆虫し続けているという記事を見たりして、尚更心配になりました。

ですが、病院から処方された薬を二週間投与し続け、何とか駆虫に成功することができました。

今回はこの「ヘキサミタ」という寄生虫について、まとめてみましたので、参考になればと思います。

■ヘキサミタまとめ

〇種類
寄生虫。

〇形状
丸く、ちょろっと毛が生えているおたまじゃくしのような姿。

〇特徴
市販で売っているアルコール消毒液では死なない。
また、シストと呼ばれる固い殻を形成し、長期間生き長らえる事が可能。

〇感染経路
寄生虫が体内に入り込むことによる経口感染。
主に糞から排出されるため、糞や糞が付着した餌を口にしてしまうと感染する。
また、生まれつき原虫を持っていることも。

〇症状
寄生虫が栄養を代わりに横取りし、増殖する。
以下の段階を踏んで、寄生された小鳥は衰弱していく。

1.初期段階
居眠りをしたり、黄緑色の軟便をする。

2.進行段階
元気がなくなり、羽根を膨らませてじっとしていることが多くなる。
食欲が落ち、体重が減少する。

3.進行末期
下痢がひどくなり、そのう炎、風邪、嘔吐、食欲不振など他の病気を引き起こす。
全身をかゆがり、毛引きの原因とされることも。
最悪、栄養不良で落鳥することがある。

〇診断
糞便検査。

〇対策
糞が付いた敷紙はすぐに取り替える。
上記特徴の通り、アルコール消毒では死なないので、熱湯で消毒する。
同居している鳥がいる場合、感染を防ぐために隔離させる。
感染した鳥を触った手は必ず石鹸で洗うこと。

〇治療
駆虫薬の投与。

〇治療期間
1~2週間。
長くて1ヶ月。
1年間駆虫を続けているという情報も有り。

■体験談

私のオカメインコは初期段階だったようで、数は少ないみたいでした。

病院の先生が言うには、ペットショップに居たころから持っていただろうとのこと。

治療は薬の投与による駆虫でした。

ただ、その薬はとても苦いらしく、与えるのは結構苦労しましたね。

1日に2回で、1回に3滴投与するのですが、嫌がるし、中々口を開けてくれないので、もう大変!

薬を出す力の加減も難しく、口に入れた途端に吐き出してしまうので、毎回「こんな感じで良いのか?」と疑問に思いながら与えてました。

先生からは「吐き出しても、薬が口の中に入っていれば大丈夫」と教わりましたが、少し心配でしたね。

また、カゴの熱湯消毒、敷紙を取り替えなどの必要性は先生から言われませんでしたが、ネット上ではカゴを熱湯消毒してる方が何人かいらしたので、うちも念のため、毎日ではないですが時間があったときに熱湯消毒をしていました。

また、底網に着いた糞は毎日片づけて、体につかないように心がけました。

このような治療を二週間行い、晴れて駆虫に成功しました。

しかし、まだ油断ならないので、1ヵ月後にもう一度検査することになっています。

■まとめ

ヘキサミタはしつこい寄生虫とされています。

ネットで調べてみますと、沢山情報があり、体験された方や病院の先生の見解も様々なようです。

オカメインコは生まれつき原虫を持っていることが多く、数が少なければ寄生されていても、ヘキサミタと上手に付き合って生活していくことは可能だそうです。

しかし、数が多かったり、体が弱っている場合は、別の病気に掛かってしまったり、最悪落鳥してしまう恐れがあるので、完全に問題ない寄生虫というわけではないですね。

基本的な事ですが、新たにお迎えした小鳥は、元気そうでも早めに病院で健康診断を受けることをおすすめします。

私のオカメインコのように病気に掛かっている可能性があり、手遅れになってしまうと、治療も大変になってしまいます。

また、体重測定も重要ですね。

増減傾向が分かるので、日々記録を付けていくと便利です。

治療に関しては、処方された薬を欠かさず与えることですね。

再感染が心配であれば、カゴの熱湯消毒や敷紙の取り替えをこまめに行い、部屋を清潔に保つことが効果ありそうです。

○この記事もおすすめです

ここまでご覧頂きありがとうございます。
もし気に入って頂けましたら、下のボタンをクリック頂けると日々の励みになります。

にほんブログ村 鳥ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

フォローする

スポンサーリンク