うちのコザクラインコが卵詰まりになった話

スポンサーリンク

■今回のテーマ

最近、またブログに投稿を始めています、どうもよもクローバーです。

ブログを投稿しなくなってから、実は色々な事が起こっていました。

今年の1月に、うちのコザクラインコのよもぎが卵詰まりになったのです。

何とか一命を取り留めましたが、一歩遅ければ危ないところでした。

今回はその時のお話を書きたいと思います。

■卵詰まり

卵詰まりとは卵が産めず、そのまま詰まってしまう病気です。

メスのインコにとって、命を落とすに至るのが多い、非常に危険な病気です。

■発覚

卵詰まりを起こしたのは今年の1月(2018年1月)でした。

私は毎日小鳥たちの体重を記録していたので、卵が出来たことは体重の増加で気付きました。

うちのコザクラインコのよもぎは発情しやすく、大体2ヶ月に1個のペースで卵を産んでいて、今回も問題なく産むだろうと、そのときは安直に考えていました。

■異変

いつもなら体重の増加がピークに達して、1日ぐらいに卵を産んでいたよもぎ。

しかし、その時は2、3日経っても卵が出てくる気配はありませんでした。

お尻から卵は見えている状態で、産もうと何回も踏ん張っているのですが、中々出ない様子です。

糞をするのも辛いようで、お尻から落ちずに、体に付着したままになり、汚れた状態でした。

止まり木にとまらず、体をうずめた状態が多くなり、これはいつもと違うとようやく異変に気付き、行きつけの病院で先生に診てもらったところ、卵詰まりと診断されました。

■診察

先生からは、まずはしっかり保温して様子を見てくださいということでした。

保温の目安は大体28〜30度。

また、お尻に潤滑油を塗ってもらい、卵が出やすいようにしてもらいました。

それから保温に徹したものの、卵は出ませんでした。

よもぎはすっかり衰弱した様子で、膨らんでうずくまっている状態が続いています。

これはまずいと思い、病院に電話を掛け、先生に状況を説明したところ、一刻を争うので、小鳥専門の病院の先生に診てもらった方が良いと、その病院へ連絡してもらえる事になりました。

間もなくその病院から連絡があり、先生に状況を伝え、かなり危険な状況という事で、時間外だけど診察して頂けるとのことでした。

来るときは車内の温度を30度にして来るようにと話を受け、車のヒーターをフル稼働させながら、すぐによもぎを病院へ連れて行きました。

■手術

病院に着き、よもぎの状態を先生に診てもらったところ、やはり危険な状況ということでした。

自然に産ませるのが一番ですが、卵が通常より大きめのようで、もう少し頑張らせて見るけれども、手術になる確率が高いと説明を受けました。

手術は卵を外部から割るというものです。

無事手術が成功しても、その後元気になるかは、その個体次第。

手術のショックによりご飯を食べなくなり、最悪命を落とすかもしれないということでした。

■手術、そして入院

手術をお願いし、診察室から出ると、先生とよもぎの声が聞こえてきました。

先生が「頑張れ! 踏ん張って!」と声を掛け、よもぎの頑張っている声も聞こえてきます。

しかし、「やっぱり出ないか」という声が聞こえ、手術が始まりました。

手術中、悔しい思いでいっぱいでした。

ご飯や体重の記録を取っておきながら、この有様……。

本当に情けない限りです。

5分ほどして「頑張ったねぇ」という先生の声が聞こえ、手術は終わりました。

先生に呼ばれ、再度診察室に入ると、衰弱しきったよもぎが居ました。

無事卵を割ることは出来たが、殻がまだ少し残っていること、無理にその殻を取ろうとすると身体を傷付ける恐れがあるので、そのままになるという話を受けました。

今日来なければ命を落としていたかもしれない、と告げられて、本当に危険な状態だったんだと改めて実感しました。

保温に徹していたのが幸いして、ここまでもってくれていたらしいです。

そして、問題はこれからだと、再度説明を受けました。

病院に入院させるか、連れて帰って自分たちで看病するか選択することになりましたが、安全を考えて病院に入院させることにしました。

■入院と退院、そして現在

入院中は本当に心配で仕方ありませんでした。

毎日病院に電話を掛け、状態を聞きました。

幸い、よもぎはご飯を食べてくれているようで、入院してから5日で退院となりました。

退院となったものの、よもぎの容態はまだ悪い状態です。

発情によって肝臓と腎臓を悪くしており、体重も痩せ気味とのこと。

そのため、それら器官を良くする薬を出して頂き、朝と夕方に薬をあげる日々がしばらく続きました。

また、定期的に通院し、発情を抑制する生活も送っています。

その甲斐あって、それ以来、今年は卵を全く産まなくなりました。

■最後に

毎日ご飯の量を測り、体重の記録を付けておきながら、よもぎを危険な目に遭わせてしまいました。

本当に恥ずかしい限りで、自分が情けないです。すごく反省しました。

私が言える立場ではないですが、異変を感じたらすぐに保温、そして病院へ連れて行くことが大切かと思います。

また、それ以前に発情させないことが一番です。

今回、先生のアドバイスを受け、ようやく発情が収まってきたので、またの機会に発情抑制のお話も書けたらと思います。

※発情抑制の記事を書きました。こちらです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コザクラインコよもぎ元気です

○こちらの記事もおすすめです

ここまでご覧頂きありがとうございます。
もし気に入って頂けましたら、下のボタンをクリック頂けると日々の励みになります。

にほんブログ村 鳥ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

フォローする

スポンサーリンク