小鳥のケージについて

スポンサーリンク

■今回のテーマ

こんにちは

よもクローバーです。

小鳥を飼う上で必ず必要となる物の一つにケージがあります。

色んな大きさ・形のケージがありますよね。

どのケージを選ぶかは人それぞれかと思います。

デザインで選んだり、お手入れのしやすさで選んだり。

今回のテーマは「小鳥のケージ」をテーマに、実際に私が選んだケージをご紹介したいと思います。

■コザクラインコのケージ

初めはマルカンのバードパレス マリーンを使っていました。

小鳥を飼うこと自体が初めてでもあり、ペットショップの店員さんと相談してこのケージに決めました。

横幅よりも高さがあるケージで、標準的な広さです。

解説書によると、一羽飼いの場合、幅370mm×奥行415mm×高さ440mm以上必要とされています。

マリーンは幅350mm×奥行280mm×高さ470mmなので、奥行が少し足りないですね。

確かに、ケージ内にいる様子を見ると、少し狭そうでした。

ケージの針金は塗装されています。

解説書では塗装されていないケージを推奨しています。

その理由として、小鳥がかじってその破片が体内に入ってしまうと、病気になってしまうためです。

しかし、店員さんもコザクラインコを飼っているらしく、同じケージを使用されているとのことで、「そんなに問題はないですよ」というお話を伺い、値段もお手頃だったので、私も使ってみることにしました。

実際に使ってみて、うちも塗装がはがれることは起こっていません。

コザクラインコはかじる力が強く、よく物をかじる習性を持っていますが、それでも今のところ問題はありません。

ですが、絶対大丈夫とは限らないので、なるべくは塗装のないケージをおすすめします。

ただ、サビてしまうと、それも小鳥たちにはよくないので、サビにくいステンレス製が安心かと思います。

三年目にして、ケージは新しいのに替えました。

マリーンよりもう少し大きめのケージです。

これも塗装された物です。

マリーンを使っていてネックだったのが、入口の扉が上にスライドして開けるタイプだったので、小鳥を戻すときに、その扉を押さえないといけないので、どうしても片手が塞がってしまいました。

戻すのに結構苦労したので、新しいケージは手前に開くタイプのケージにしました。

■文鳥のケージ

文鳥はコザクラインコより体が小さいので、ケージも小さめのを与えました。

塗装されていない、手前に扉が開くタイプのケージにしました。

マリーンより少し小さめのにしたのですが、意外とケージは狭いみたいですね。

文鳥もマリーンぐらい広い方が良いかもしれません。

解説書によると、一羽飼いの場合、幅350mm×奥行250mm×高さ350mm以上ある方が良いとされています。

マリーンはすべて満たしているので、これぐらい大きさがあると良さそうです。

二年目の誕生日に、コザクラインコのと同じケージをプレゼントしました。

やっぱり広い方が過ごしやすそうですね。

元気に飛び回っています。

■オカメインコのケージ

オカメインコはコザクラインコよりも、更に体が大きいので、ケージももっと大きいのが必要です。

大きくなるので、その分ケージの値段も高くなります。

私はバードパレス キングぐらいの大きさで、キングより少し高さが低く、幅が広いケージにしました。

キングにしようかとも思ったのですが、ちょうど安売りしていた手頃なケージがあったので、それにしました。

大体3,000円ぐらいでした。

これも塗装されているケージで、扉は手前に開くタイプです。

やっぱり、手前に開くタイプが小鳥の出入りもしやすく、便利です。

病院へ連れていく際の移動も楽にできるので。

■移動用ケージ

小鳥がもし病気やケガをしたら、病院へ連れて行かなければなりません。

大きいケージですと、持ち運びも大変なので、移動用のキャリーケースがあると便利です。

私はSANKOのスキップキャリーSを最初のころ、使っていました。

ただ、ちょっと小さめで、小鳥も増えてしまったので、最近はあまり使っていません。

今はもう少し大きめのケージでバードパレス フォレストを使ってます。

三羽を一遍に病院へ連れて行った際は、お古のケージを使うしかないので、それに入れて連れて行きました。

さすがに三羽は結構大変です(^ ^;)

■まとめ

大体お手頃なのはバードパレス マリーンかなあと思います。

それでも窮屈な場合は、もう少し大きめのケージを与えると良いと思います。

オカメインコは更に大きいケージが必要です。

塗装ケージはそんなに問題はないと思いますが、やはり危険が無いわけではないので、塗装がされていないステンレス製のケージがベストだと思います。

皆さんそれぞれ好みがあると思いますので、自分が良いと思ったケージを購入されるのが良いと思いますが、一番は小鳥が過ごしやすいケージを選んであげることですね。

ご参考になれば幸いです。

ここまでご覧頂きありがとうございます。
もし気に入って頂けましたら、下のボタンをクリック頂けると日々の励みになります。

にほんブログ村 鳥ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

フォローする

スポンサーリンク